破産後のデメリット

破産後(免責が確定)のデメリットは
官報に氏名と住所が掲載されることです

でも、この官報、一般の人はまず見ません
たぶん、存在も知らないと思います

私の場合、官報に掲載された後
闇金などのブラックな業者さんから
「融資しますよー」
って内容の郵便物が何通か来たくらい

官報に掲載される個人情報は、氏名と住所
なので、知らない所から郵送物は届きます

まぁ仕方がないですね

それ以外に不便に感じたのは
・クレジットカード持てない
・借金ができない
・ローンが組めない

くらいです

そのため、破産後は誰に聞かれても
「現金主義です。カード?なにそれ?」
と言い張ってました。

カード決済のみの、ネット通販も

楽天銀行デビットカード(JCB)

で問題なしです。
携帯とか、デビットカード不可もあります

自己破産でも、デビットカードは持てます
残高さえあれば、クレジットカードと同じ
ただしリボ払いはできません。

楽天銀行デビットカード

自己破産は一瞬で借金がチャラになります

まさに債務整理界の最終奥義
「無想転生」
みたいなものです。

借金の原因が、自分がやらかした以外で
どうしようもない場合は、出直しできるので
とても良い制度だと思います。

でも、私みたいにギャンブルが原因の場合は
ギャンブル依存の方を解決しないと
遅かれ早かれ、同じ多重債務のループに陥る
可能性があります。

自分でも、その原因はわかっています

それは、返済する苦しみを感じないまま
借金がチャラになったからです。

最近では、総量規制の影響で、借入額自体が
抑制されているため、自己破産も少ない
(らしい)

今振り返ると
よく自己破産できたなーと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました