破産後のデメリット

破産後、免責が確定すると官報に掲載されます。
でも、この官報、一般の人はまず見ませんし、存在も知らないと思います。
経験から言うと、官報を見た闇金などのブラックな業者さんから、融資の郵便物が何通か来ました。(官報に掲載される個人情報は、氏名と住所のみ)

それ以外の不便はクレジットカード持てない、借金ができないくらい。
破産後は誰に聞かれても「現金主義」と言い張ってました。

カード決済のみのネット通販も「デビットカード」で問題なしです。
(一部、デビットカード不可もありましたが・・・)

自己破産してても、デビットカードはすぐに作れます。
残高さえあればクレジットカードと同じです。リボ払いはできません。

自己破産は一瞬で借金がチャラになる、債務整理の最終奥義「無想転生」みたいなものです。
借金の原因が自分以外で、どうしようもない場合は一から出直しできるので良いと思います。

でも、私みたいにギャンブルが原因の場合は、ギャンブル依存の方を解決しないと
遅かれ早かれ、同じ多重債務のループに陥る可能性があります。
というのも、返済の痛みや苦しみを感じないまま、借金がチャラになるからです。

自己破産も総量規制の影響で、借入額が抑制されているので減少傾向。
自分でもよく自己破産できたなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました