債務整理 体験談 (自己破産編)その1

 当時の状況を思い出すと、難関の国家資格をクリア。会社でも昇任し、給料も上がり絶好調。自分は何でもできると、調子に乗っていました。

そこで、大阪に転勤。社会人になってから、ずっと寮生活でしたが、社会人8年目で初めての一人暮らしがスタートしました。これまでパチスロはやってましたが給料の範囲内で遊べてました。(給料日前はパツパツでしたが・・・)

 大阪に転勤になった時期はパチスロ4号機、俗にいう爆裂機が出始めた時期です。「サラリーマン金太郎」「アラジンA」「ミリオンゴッド」などの時代です。なぜかその頃の代表機「獣王」には食指が動きませんでした。

一番はまったのは「ビッグシオ」沖スロの裏モノです。ゴッドシオとも呼ばれ、ミリオンゴッド並みに子役がカットされ、1000円で20ゲームも回らない代物。ただし、ツボにはまれば、座席の後ろに大きなバケツが置かれるほど、出玉のスピードが半端なかったです。

 こんな台を打っていたので、軍資金も給料の範囲では収まりません。持っていたクレジットカード2枚のキャッシング枠(80万と50万)に手を出します。当時はクレジットカードのキャッシング枠は借金と思ってませんでした。

でも、クレジットカードのキャッシングも、当時はグレー金利の25%という暴利。もちろん返せるわけがありません。カードの返済ができなくなり、ついに初めてのサラ金。「はじめてのア〇ム」のはじまりです。

その2につづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました