債務整理 ブラックリスト

債務整理をすると、信用情報機関にそのことが記載されます。
信用情報機関には遅延などの返済状況や債務の状況(何社から、いくら借りてるかなど)が記録されています。

新たに借金やローンを組む場合、貸し手はこの記載された記録を照会。
これで、個人の返済能力があるかを確認し、融資の有無を判断します。

なので、この記録に問題(多重債務、債務整理、踏み倒しなど)があるとブラックになり、融資の審査で落とされます。
これが俗に言う「ブラックリスト」に載るということです。

また、貸し金業者独自でブラックリスト(過去に自己破産で免責の実績ありなど)もあるそうです。

この記録、五年くらいで消えるらしいのですが、真違はわかりません。
貸し金業者独自の記録は永久に残るみたい。
なので私は2回目の借金の時、一度自己破産で免責を受けたサラ金には申し込みすらしてません。

まぁ相手側からすれば
「どの面下げて来とんねん。忘れへんで」
ってとこでしょうね。

信用情報機関の記録は個人でも開示もできるのですが、開示したことも記録に載るので、あまりやらない方が得策らしいです。

過去に起こしたことは消せませんので、ローンや借金はせず、地道に現金主義で背伸びせず生活するのが正解だと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました