債務整理 体験談 (任意整理編)その2

借金が明るみになり
洗いざらいぶちまけると
ギャンブル依存が疑われました

疑いというより断定でしたね・・・

その対処法として
毎日、会社が終わった後
キャンブル依存のミーティングに
強制参加することを義務付けられました

このギャンブル依存のミーティング
車座になって自分の悪行(武勇伝?)を
一人一人話していくもの

でも、パチスロはやってました
(ピエロが私を離さない・・・)
やる時間無いので、仕事中に

冷静に考えれば
この時点で詰んでますね・・・

軍資金が無いので、ここで借金
マチ金にお金を借りることになります

破産後、8年たっていたので
喪は開けてました

でも、大手サラ金業者や銀行系は
「どーせ無理」
と思ってましたから
中小の金融会社、マチ金一択でした

年収自体は500万円ほどありましたが
街金で借りれる枠は1社10万くらい
「返済をちゃんとすれば
 枠は増やすよ~」
と言われました

でも返済できず
結局、雪だるま式に膨れ上がり
借金は6社で約60万円

それ以後は
どこも貸してもらえませんでした

街金の1社から、契約時に郵送物があり
会社に送ってもらいました
なぜか勘の良い上司が勝手に封書を開封
(よいのか?)

封書には、借金の契約書が入っており
これで借金が発覚しました

それと同時に支払いの延滞→督促の嵐
ここでジエンドです

会社は(自主)退職で
ギャンブルの更生施設への入所が決定

その3へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました